ゴルフコラム

【練習場編】「練習はつねにフルスイング」は悪い習慣か?

投稿日:2019年2月8日 更新日:

f:id:golf_samurai11:20181202010022j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

拙者はゴルフ歴20年以上、一応シングルハンデの持ち主だ。

これまで自己研鑽のために多くのレッスン書籍を読み、自らの体で試行錯誤を繰り返してきたが、その知識と経験で分かることがある。

結論としては、世に出ているレッスン内容は全て正しい。

しかし、それと同時にその全ては万人向けではない。

・初心者向けの内容かもしれない。

・プロ向けの内容かもしれない。

・自分だけに通用する内容かもしれない。

違う意見があって然るべきだ。

これからアマチュアゴルファーが抱いている「ゴルフの常識」に斬り込んでいく。

常識という一面性だけに囚われず、諸君が新しい視野を得ることができれば幸いである。

悪い習慣:練習はつねにフルスイング

f:id:golf_samurai11:20190201132359j:plain

練習場で「つねにフルスイング」をするゴルファーがいた。

諸君はどう感じるであろうか?

プロの意見はこうだ。

実戦ではほとんどコントロールショット。フルショットしかしないから実戦でゆるむのだ。ドライバーはともかく、アイアンの飛距離は自慢にはならない。

そして改善策はこちらだ。

「全番手でコントロールショットを打つ」

ゴルフで重要なのは最大よりも平均値。「フルショットの80%ぐらい」をノーマルに据え、練習の多くはそれに費やすべき。必要に応じて強弱、大小、高低、緩急・・・・・・をつければいい。

プロの意見だからといって、そのまま納得していないか?

考え方が違うのであれば、自分の意見を尊重した方がいい。

参考までに拙者の意見も述べてみよう。

拙者の意見:アマチュアこそフルスイングで勝負しろ!

プロよ。ありがとう。

「プロ」の方法を教えてくれて。

プロゴルファークラスになると、力の出力を(0~100%)までコントロールできるのか。

凄すぎる。

我々アマチュアにとっては、再現不可能。

大変難しい技術を習得されているようだ。

まさか練習環境が圧倒的に違う我々にも、プロと同じことを課す気ではあるまいな。

プロの言う「フルショットの80%ぐらい」。

大前提として、フルショットという出力100%のショットをマスターしている必要がある。

もしフルショットをマスターしていない中で、およそ80%ぐらいと打っていた場合、日によって75%だったり85%だったり、再現性を保証することは不可能になる。

アマチュアであればやることは一つ。

「フルショット」を磨け。

それこそが最大の武器にして、これからのショットの基準になる。

間違っても「全番手でコントロールショットを打つ」というプロの真似はしないこと。

得られるものは少ない。

「プロってすごいんだな・・・」

それぐらい軽く流しておきながら、自分がやるべきことをまずは実践するべし。

そう「マン振り」だ。

-ゴルフコラム

Copyright© ゴルフ攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.