スイング

クォーターショットの打ち方|「右腰」から「左腰」の振り幅で「マン振り」しろ

投稿日:2018年10月24日 更新日:

クォーターショットの打ち方

拙者、ゴルフ侍と申す。
今回はクォーターショットを伝授しよう!

クォーターとは「1/4、四分の一」という意味である。

「スリークォーターショット」は有名だが、「クォーターショット」はあまり知られていない。もし自信を持って「できる」と答えられる人は、ゴルフ巧者だ。

「クォーターショット」は飛距離は出ないが、コントロール性に優れている。アプローチはもちろん、林の中からのトラブルショットにも適している。しっかりと極めれば、どんな場所からもピンに寄せることができるだろう。

そんな「クォーターショット」の打ち方をご紹介しよう。

「右腰」から「左腰」の振り幅

f:id:golf_samurai11:20181023111906j:plain

  • トップ:手元を「右腰」で止める
  • フィニッシュ:手元を「左腰」で止める

スイング正面(トップ)

f:id:golf_samurai11:20181023104134j:plain

ポイント

視覚的なチェックポイント

  • トップでシャフトが「水平」となる
  • トップでシャフトが「目標後方」を向く
  • フィニッシュでシャフトが「水平」となる
  • フィニッシュでシャフトが「目標方向」を向く

補足解説

  • 「腰」から下は水中だとイメージし、その水面下で振り切る
  • 「右腰」から「左腰」のマン振りを心掛ける
  • 「左腰」の高さで止めるために、打ったら終わりの感覚で良い

おわりに

以上、「クォーターショット」の打ち方をご紹介した。

「クォーターショット」は、その名はさておき、レッスン項目の筆頭に挙げられるショットである。

しかし一般的には「30ヤードを打て」などと距離を指定されるが無視しろ。20ヤードでも40ヤードでもいい。「右腰」から「左腰」のスイング幅の中で、全力で振り切れ。そうして振り切った距離が自分の揺るぎのない基準となる。

クラブとしては5番アイアン以下のクラブで試すのだ。

スイング造りにも役立ち、また実戦の場で必要とされる時が必ず来るだろう。

 

▼あわせて読みたい▼

週1回の練習で挑むシングルプレーヤーへの道|5種類のゴルフスイングをマスターせよ

週1回の練習で挑むシングルプレーヤーの道 100切り! 至極、残念。 そんな諸君は他を当たるが良い。 ・ ・ ・ 80切り! よし!よくぞ言った! 現在の腕前がいくつだろうが関係ない。その意気込みに免 ...

続きを見る

5種類のゴルフスイング
①マックスショット(MAX)
②フルショット(1/1)
③スリークォーターショット(3/4)
④ハーフショット(1/2)
⑤クォーターショット(1/4)

-スイング
-

Copyright© ゴルフ攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.