みんなのゴルフ

「みんゴル」で学ぶゴルフ上達法|60ヤード以内で大活躍する「アプローチモード」とは?

投稿日:2019年3月8日 更新日:

f:id:golf_samurai11:20180719202932j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

諸君、国民的ゴルフゲームである「みんなのゴルフ」をプレーしたことはあるか?

無論、拙者は「みんゴル」ファンであり、「みんゴル神」の称号を持っている。

「みんゴル」の初代は1997年に発売され、その後はシリーズ化して世界累計販売本数は1,400万本以上、最新アプリでは600万ダウンロードを超えている人気振りだ。

一方、日本のゴルフ人口は一説によると670万人と言われており、ゴルフゲームを楽しむだけで実際のゴルフにはなかなか流入してこない層が存在する。

なぜか?

「リアルゴルフ」は100切りすら難しいからだ。

しかし「みんゴル」だと誰でも簡単にパープレーができるようになる。

1回目のプレーでアンダーパーも十分にありえる。

「リアルゴルフ」を誰でも楽しめるように簡略化したのが「みんゴル」であるからだ。

この点に拙者は着目した。

「みんゴル」をプレーしたことがある諸君!

「みんゴル」で得た知識を活かし、「リアルゴルフ」に適用してみようではないか!

ゴルフはシンプルに考えれば、驚くほど簡単になる。

大丈夫。

拙者が誰にでも分かりやすく解説する。

同時並行で「みんゴル」をプレーしてもらえば、更に理解を深めることができるだろう。

いざ「みんゴル」から学び、ゴルフ上達に活かそうではないか!

1:【問題点】アプローチの距離感が分からない

アプローチとは「ピンに寄せる」ことである。

フルショットであれば飛距離の想定はできるが、アプローチではそうはいかない。

中途半端な距離ゆえに、色々な方法で距離を調整する必要がある。

<飛距離の落とし方>

・振り幅を小さくする

・スタンスを狭める

・フェースを開く

・インパクトを弱める

・スイングスピードを遅くする

・番手を下げる

・ミート率を落とす

例えば「50ヤード」という目標を狙う際、「振り幅」を変えようとする人がいたとする。

50ヤードに対応する「トップ位置」があって、その通りに練習して実践できればいいのだが、インパクトが弱くなったり、逆にスイングスピードが速くなったり、様々な要素が邪魔をしてくるのだ。

特にアプローチではこの感覚が大事であり、熟練ゴルファーや毎週のようにゴルフ場に行けるゴルファーであれば距離感を掴むことができるが、初心者や月1ゴルファー程度では距離感を養うことさえ難しい。

ゴルフ環境が整っていない人は、もうアプローチは諦めるしかないのだろうか?

2:【簡略化】60ヤード以内はアプローチモードで距離調整できる

現実のゴルフでは、アプローチで好きな距離を飛ばすことは非常に難しい。

このまま忠実にゲームで表現してしまうと、難しすぎて誰にも遊んでもらえない。

「みんゴル」ではどうしたのか?

「アプローチモード」という機能を設けて、「30ヤード・60ヤード」を上限とした新しいインパクトゲージを作ったのである。

先ほどの例に戻り、50ヤードのアプローチが残ったとしよう。

この場合、みんゴルでは60ヤードの「アプローチモード」に切り替わり、60ヤードを上限とするショットが打てるようになる。

これは画期的な機能であり、50ヤードなどの中途半端な距離でも、安心して打つことができる。

たとえインパクトのタイミングがずれたとしても、飛距離が短いために誤差も少なく、みんゴル初心者でも大体は1ピンに寄るほどの精度が出せるだろう。

3:【逆輸入】自分だけのアプローチモードを構築せよ

アプローチモードの機能を入れることで「みんゴル」が簡単にプレーできることは分かった。

では、次に「みんゴル」から「リアルゴルフ」への逆輸入だ。

「みんゴル」と同じように、自分の中でアプローチモードを構築せよ。

最も簡単な方法を教える。

それは「振り幅」で距離を調整する方法である。

ん?

「冒頭に様々な要素が作用して距離調整は難しいと言ったではないか」だと?

その通り。

そこで飛距離に作用する要素を全てMAXに振り切ってもらうのだ。

具体的な説明に入ろう。

振り幅を「右脇」から「左脇」という左右対称のスイングを例に取る。

スタンス幅は両足の間隔を「0足・1足・2足」の3種類から選ぶ。

あとは、その振り幅の中で全力でスイングすることだ。

そのスイングで最大50ヤード飛んだのなら、そのスイングは50ヤードのスイング。

40ヤードや45ヤードはミスショットだ。

無視していい。

ポイントは全力で振ること。

こうすることでインパクトの強弱やスイングスピードの速さは無視でき、ミート率というスイングの再現性だけに飛距離を委ねることができるようになる。

これをマスターすれば、どんな距離であっても最大飛距離で勝負できる。

中途半端な距離感は必要なくなるので、アプローチはシンプルになるだろう。

拙者はもうアプローチ練習はしていない。
それでも寄るのはこの飛距離表のおかげだ!

4:【結論】アプローチモードを設定すれば、ゴルフは簡単になる!

以上、「みんゴル」における「アプローチモード」についての考え方を解説した。


<アプローチモードについて>

【問題点】アプローチの距離感が分からない

【簡略化】60ヤード以内はアプローチモードで距離調整できる

【逆輸入】自分だけのアプローチモードを構築せよ


アプローチが苦手な人は、考え過ぎだ。

もっとシンプルに考えていい。

「アプローチも全力で打っていい」という非常識な教えだが、効果は抜群。

振り幅は「肩・脇・腰・膝」の4種類を覚えてもらう必要があるが、逆に言えばそれだけ。

あとはスタンスを広げればスイングアークが大きくなり飛距離が伸びるので、これを応用して飛距離表を作ってしまえばいい。

-みんなのゴルフ

Copyright© ゴルフ攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.