みんなのゴルフ

「みんゴル」で学ぶゴルフ上達法|回数制限のあるパワーショットでぶっ飛ばせ!!

投稿日:2019年3月1日 更新日:

f:id:golf_samurai11:20180719202932j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

諸君、国民的ゴルフゲームである「みんなのゴルフ」をプレーしたことはあるか?

無論、拙者は「みんゴル」ファンであり、「みんゴル神」の称号を持っている。

「みんゴル」の初代は1997年に発売され、その後はシリーズ化して世界累計販売本数は1,400万本以上、最新アプリでは600万ダウンロードを超えている人気振りだ。

一方、日本のゴルフ人口は一説によると670万人と言われており、ゴルフゲームを楽しむだけで実際のゴルフにはなかなか流入してこない層が存在する。

なぜか?

「リアルゴルフ」は100切りすら難しいからだ。

しかし「みんゴル」だと誰でも簡単にパープレーができるようになる。

1回目のプレーでアンダーパーも十分にありえる。

「リアルゴルフ」を誰でも楽しめるように簡略化したのが「みんゴル」であるからだ。

この点に拙者は着目した。

「みんゴル」をプレーしたことがある諸君!

「みんゴル」で得た知識を活かし、「リアルゴルフ」に適用してみようではないか!

ゴルフはシンプルに考えれば、驚くほど簡単になる。

大丈夫。

拙者が誰にでも分かりやすく解説する。

同時並行で「みんゴル」をプレーしてもらえば、更に理解を深めることができるだろう。

いざ「みんゴル」から学び、ゴルフ上達に活かそうではないか!

1:【問題点】飛ばしたい時に飛ばない

ラウンドは人生に例えられる。

山あり、谷あり、池ポチャあり。

18ホールも回っていると、たまには飛ばしたくなる時もある。

<飛ばしたい時>

・ドラコンホールでのティーショット

・2オンの可能性があるパー5でのティーショット

・ハザードを越えるために飛ばしたい時

・もう少しでグリーンに届きそうな時

・同伴競技者のナイスショットに感化された時

そんな時は心に任せて、思い切り振ってみるがいい。

もし失敗することが多いというのであれば、諸君には向いていないかもしれない。

いや。

正しくは、諸君はそのショットを打てる段階にない。

飛ばしたい時には飛ばすための技術があり、ただ願えば叶うといった甘い世界ではないのだ。

飛ばしたい時に飛ばせないとは、何とも不憫なのだろうか。

2:【簡略化】パワーショットで+10ヤード飛ぶ

現実のゴルフでは、飛ばしたい時に飛ばすことは非常に難しい。

このまま忠実にゲームで表現してしまうと、難しすぎて誰にも遊んでもらえない。

「みんゴル」ではどうしたのか?

「パワーショット」という機能を設けて、最大飛距離から+10ヤード伸びるようにしたのである。

対象は、ドライバーからアイアンまで全てのクラブ。

ただし毎回打ててしまうと「パワーショット」の意味がなくなるので、1ラウンドに使える回数の制限がある。

これがまたリアルであり、筋肉隆々の男性キャラでは10回と多く打てるのに対して、スリムな女性キャラだと4回と少なく設定されているのだ。

このパワーショット、使い方はただ□ボタンを押すだけ。

キャラは炎のオーラに包まれて、ボールも炎をまといながら飛んでいく。

気分爽快なショットである。

3:【逆輸入】パワーショットをマスターせよ

パワーショットの機能を入れることで「みんゴル」が簡単にプレーできることは分かった。

では、次に「みんゴル」から「リアルゴルフ」への逆輸入だ。

まずは「みんゴル」と同じようにパワーショットをマスターせよ。

冒頭で紹介した「飛ばしたい時に飛ばない事例」を覚えているか?

失敗するゴルファーのほとんどは、そもそもパワーショットの機能を持っていない。

持っていない機能を使おうとする時点で不可能である。

よって、パワーショットを打てるように日頃から練習あるのみ。

打てるようになったら、その精度を保てるショットの回数を覚えておこう。

最初は1回でもいい。

ここぞという勝負所で使いながら、パワーショットの成功体験を積むのだ。

パワーショットが必要な時はラウンド中に必ず訪れる。

その選択肢を持つと持たないとでは、ゴルフの幅が激変するのである。

拙者?

もちろん拙者は既にパワーショットをマスターしている。

「朝一」と「午後一」のパワーショットがルーティーンだ。

気合フルスロットルで出発できるぞ。

拙者のパワーショットの上限は6回。
14回まで伸ばせるように精進するでござる!

4:【結論】パワーショットが打てるようになれば、ゴルフは簡単になる!

以上、「みんゴル」における「パワーショット」についての考え方を解説した。


<パワーショットについて>

【問題点】飛ばしたい時に飛ばない

【簡略化】パワーショットで+10ヤード飛ぶ

【逆輸入】パワーショットをマスターせよ


パワーショットは使いどころが大事だ。

流れに乗りたい時、流れを変えたい時、パワーショットが活躍してくれる。

プロもいつも以上に飛ぶことがあるだろう?

あれはパワーショットを使っている。

そういう技術なのだ。

諸君もまずはパワーショットを打てるように練習しよう。

アドレス前から精神統一し、体の奥底にある力を呼び起こそう。

自分の心と体が高次元で調和し、技術を伴ったスイングができれば、いつもよりも10ヤード遠くへ飛んでいくことだろう。

-みんなのゴルフ

Copyright© ゴルフ攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.