みんなのゴルフ

「みんゴル」で学ぶゴルフ上達法|ゴルフは上がってなんぼ?

投稿日:2019年4月25日 更新日:

f:id:golf_samurai11:20180719202932j:plain

拙者、ゴルフ侍と申す。
シングルゴルファーを増やすために日々、情報発信を続けている。

諸君、国民的ゴルフゲームである「みんなのゴルフ」をプレーしたことはあるか?

無論、拙者は「みんゴル」ファンであり、「みんゴル神」の称号を持っている。

「みんゴル」の初代は1997年に発売され、その後はシリーズ化して世界累計販売本数は1,400万本以上、最新アプリでは600万ダウンロードを超えている人気振りだ。

一方、日本のゴルフ人口は一説によると670万人と言われており、ゴルフゲームを楽しむだけで実際のゴルフにはなかなか流入してこない層が存在する。

なぜか?

「リアルゴルフ」は100切りすら難しいからだ。

しかし「みんゴル」だと誰でも簡単にパープレーができるようになる。

1回目のプレーでアンダーパーも十分にありえる。

「リアルゴルフ」を誰でも楽しめるように簡略化したのが「みんゴル」であるからだ。

この点に拙者は着目した。

「みんゴル」をプレーしたことがある諸君!

「みんゴル」で得た知識を活かし、「リアルゴルフ」に適用してみようではないか!

ゴルフはシンプルに考えれば、驚くほど簡単になる。

大丈夫。

拙者が誰にでも分かりやすく解説する。

同時並行で「みんゴル」をプレーしてもらえば、更に理解を深めることができるだろう。

いざ「みんゴル」から学び、ゴルフ上達に活かそうではないか!

1:【問題点】ゴルフは上がってなんぼ

「ゴルフは上がってなんぼ」

ゴルフをしていれば何度も聞く言葉である。

言うこともあれば、言われることもある。

特に熟練ゴルファーが多用するイメージがあるが、言われた本人も図星であるため、なかなか冷静に受け止めることができない。

ただただ悔しい。

「くそ!ショットでは勝ってるのに!」

そうなのだ。

プロ顔負けのスーパーショットの数々。

ドライバーの飛距離、アイアンの精度。

どれを取っても劣るところは見当たらない。

しかし無情にもゴルフではスコアしかカウントしてもらえない。

スコア以外も評価してもらいたいと願うゴルファーは拙者だけではないはず。

さて諸君はどうだろうか?

2:【簡略化】ショットポイントを導入した

現実のゴルフでは、スコア至上主義で非常に厳しい。

このまま忠実にゲームで表現してしまうと、厳しすぎて誰にも遊んでもらえない。

「みんゴル」ではどうしたのか?

「ショットポイント」というポイント制を導入した。

リアルゴルファーには馴染みがないと思うので解説しよう。

「みんゴル」をプレーしていると、以下の2つのポイントが自動集計される。

①スコアポイント

②ショットポイント

①のスコアポイントとは、そのままずばり「打数」を意味している。

②のショットポイントとは、プレーの内容によって与えられる「点数」である。

この②のショットポイントの考え方が新しい。

「みんゴル」では、ショットポイントの集計方法は以下のようになっている。

種類 名前 ポイント 説明
ショット フェアウェイキープ! +20 PAR4/5の1打目をフェアウェイに乗せる
バンカー -20
ウォーターハザード -40 いわゆる池ポチャ
O.B. -60 プレーできる区域から外れる
out of boundsの略
アンプレアブル -60 ボールが打てない状態になる
自分でアンプレアブル宣言した場合は0
ナイスリカバリー +10 バンカー/ウォーターハザードからグリーンオン、または50y以上飛ばしてフェアウェイに乗せる
水切りショット 10~ 水面でボールをバウンドさせ対岸に乗せる(ウォーターハザードになると無効)
バウンドした回数×10ポイント
グリーンオン ナイスオン! +10 2パットでパーになる打数でピンから5.1m以上にグリーンオン
ファインショット! +20 パーオンでピンから5.0m以内
スーパーショット! +30 パーオンでピンから3.0m以内
ウルトラショット! +40 パーオンでピンから2.0m以内
グレートショット!! +50 パーオンでピンから1.0m以内
アンダーパーオン! +50 2パットでバーディになる打数でグリーンオン
反射オン +20 パーオン以上で障害物に当たってからグリーンオン
カップイン チップイン 50~350 トリプルボギー以上でグリーン外からパター以外でカップイン
パー以下の時は1y毎に+1ポイント
ロングパット 50~150 10m以上のパットでカップイン
1m毎に+5ポイント
クルクルショット! +20 スーパージャストインパクトでカップの淵をかすめてカップイン
クルクルパット!
ピンショット! +30 規定打数以内でピンにボールを当てる
カップインしなくてもポイントはもらえる
旗包み! +50 旗にボールを当ててカップイン
ライジング! +20 スーパートップスピンでピンに当ててカップイン
ホーミング○回! 20~ スーパーバックスピンでピンに当ててカップイン
発動した回数に応じて2回目以降は+10ポイント
スパイラル! +100 スーパーサイドスピンをピンに当ててカップイン
反射イン +100 パー以下で障害物に当たってからカップイン
スコア パー +100 規定打数でカップイン
バーディ! +200 規定打数より1打少ない打数でカップイン
イーグル! +300 規定打数より2打少ない打数でカップイン
アルバトロス! +500 PAR5を2打目でカップイン
ホールインワン! +400 PAR3を1打目でカップイン
+500 PAR4/5でホールインワン

参考:https://www10.atwiki.jp/mingol6/pages/19.html

「みんゴル」の未経験者であっても、何となく分かるのではないだろうか。

つまり良いプレーは加点され、悪いプレーでは減点されていくのだ。

このショットポイントがあることで、同スコアの場合の優劣を決めることはもちろん、新しいミッションが増えたり強力なゴルフギアを入手したりできるのである。

パーオン2パットの楽々パーよりもチップインパーの方が勝る。

劇的なスーパープレーを尊重する、そんなゴルフの楽しみ方があってもいいのではないだろうか。

3:【逆輸入】スコア以外のプレーを評価する

ショットポイントを導入することで「みんゴル」を楽しめることは分かった。

では、次に「みんゴル」から「リアルゴルフ」への逆輸入だ。

まずは「上がってなんぼ」という常識を捨てることから始めよう。

たった一つの指標に対して一心不乱に取り組むのもゴルフだが、ゴルフの楽しみ方はそれだけに留まらない。

ドラコン・ニアピンがいい例だ。

「あのホール、300ヤードは飛んでたよね~!!」

「ピンに近過ぎ!あれは誰も取れないよ!!」

ランチ時や表彰式で話題になれば、当の本人は嬉しくないはずがない。

この通り、スコア以外でもヒーローになれるチャンスがあった方が絶対に楽しい。

特に我々はアマチュアなのだから、色んな楽しみ方をやってみるべきである。

世間ではスコアをまとめるための「刻みゴルフ」が推奨されており、正直つまらない。

しかしアマチュアなら怖いものなし。

2オンを狙える距離なら狙えばいいし、全てのホールでピンデッドに狙ってもいい。

そうやって挑戦していくことで上達をしていったゴルファーは多いのだ。

その良い例がいる。

プロゴルファーだ。

ゴルフをありとあらゆる方法で楽しんできたプロである。

アマチュアは、幾度となく辛酸を味わってきたプロゴルファーが語る苦しみと我慢のゴルフはしなくていい。

アマチュアこそ、ナイスショットを常に追い求めるドリーマーでありたい。

ゴルフは上がってなんぼ?
いや、ゴルフは楽しんでなんぼだ!

4:【結論】スコア以外のプレーを評価できれば、ゴルフは楽しくなる!

以上、「みんゴル」における「上がってなんぼ」についての考え方を解説した。


<上がってなんぼ>

【問題点】ゴルフは上がってなんぼ

【簡略化】ショットポイントを導入した

【逆輸入】スコア以外のプレーを評価する


マスターズでは水切りショットの選手権が実施されるそうだ。

普段は見れないプロゴルファー達の技術を見ることができ、観客は大層盛り上がる。

水切りをすること自体に意味はないが、単純に見ていて楽しい。

・遠くに飛ぶのが楽しい

・ピンの近くに寄るのが楽しい

・球を操るのが楽しい

一打一打に込められた刹那的な魅力。

ナイスプレーを極めていけば、きっと楽しみながら上手くなれるはずだ。

-みんなのゴルフ

Copyright© ゴルフ攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.