ランニング

ランニング(2020-09):花粉消滅?シーズンベストを更新!

投稿日:2020年3月26日 更新日:

拙者、ゴルフ侍と申す。
ゴルフ上達のために日々、体を鍛えておる。

ランニング日記|2020年3月23日

  1. 体温:未計測
  2. 体重:未計測
  3. 調子:(普通)
  4. 気合:(普通)

 

ゴルファーの天敵、それは花粉症。

最近は花粉が少なくなってきたようだ。

拙者の場合、目の症状が現れるのだが、ようやく薄れてきた実感がある。

 

2月中旬から控えていたランニングを再開できるということで、4月の競技シーズンに向けて拍車がかかる。

週1~2回のランニングを日課として、ラウンドしても疲れない体づくりをしていこう!

 

ランニング記録

  1. 距離:10キロ
  2. 時間:53:03
  3. ペース:5:17(m/km)
  4. カロリー:722(cal)
  5. 天気:晴れ
  6. 気温:10.2℃
  7. 湿度:37%

 

今回は鼻呼吸だけでなく、口呼吸も動員して走ってみることにした。

体に取り入れる酸素の量が多くなり、自然とペースも上がる。

 

最初のラップは(5:19)。

 

「まだまだ~!!」

 

数キロ程度であれば、余力を残しながら走れるペースである。

しかし、そのペースを維持しようとするも、4キロまでが限界であった。

 

「はあはあ。。。疲れた。。。」

 

それからはジリ貧が続き、どれだけ空気を吸い込んだとしても酸素が足りない。。。

後の6キロは惰性で足を進めるのがやっとで、辛いランニングとなってしまった。

今年のベストタイムが出たのがせめてもの報いであるが、ペースを見直す必要がありそうだ。

 

やはり最初は抑えて、後半に追い込む「ネガティブスプリット」の方が合っている。

前半5キロは(5:30)で走り、後半は徐々に上げていくイメージだ。

ラップ毎にタイムを落としていく「ポジティブスプリット」は、拙者には向いていない。

 

これはゴルフにも同じことが言える。

最初からブンブンとクラブを振り回していたら、後半になってスタミナ切れということはよくある。

最初の3ホールはじっくりと丁寧にクリアし、徐々に出力を上げていくのが理想だ。

 

今回のランニングは今年一番の負荷がかかり、足首・膝に疲れが残ってしまったが、これは良い傾向。

次のランニングでは更に強化された足腰で、前半(5:30)のペースを維持しながらシーズンベストにチャレンジしてみよう!

 

-ランニング

Copyright© ゴルフ攻略wiki , 2020 All Rights Reserved.