マン振り

「ベスグロが取れない」→「マン振り」

投稿日:2018年6月18日 更新日:

拙者、ゴルフ侍と申す。
諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「ベスグロが取れない」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

「ベスグロ」はベストグロスの略。

ハンデなしで、その日一番スコアが良かった者が獲得できる勲章である。プロゴルファーは言わばこの「ベスグロ」を取るために凌ぎを削っている。アマチュアも「ベスグロ」を獲得できれば、「ハンデ優勝」するよりも大変な名誉である。

ゴルフをするとスコアが出る。遊びだろうが・接待だろうが・チャリティーだろうが、個人の意向とは全く関係なく順位付けがなされる。スコアの程度で腕前が分かり、非常に競技性があるスポーツなので、ゴルファーであれば優勝や上位を目指すのは自然な考えであろう。

憧れで終わるのではなく、毎試合ベスグロを目指したいものだが、どうすればベスグロを取れるのだろうか?

「ベスグロ」の必要条件は飛距離。
マン振りで「ベスグロ」を獲得せよ。

ここで、最近優勝したプロゴルファーのプレースタイルを思い浮かべて欲しい。どんなゴルフをする人だろうか。

<ベスグロの要素>

  • 飛距離が出る
  • 方向性が良い
  • ショートゲームが上手い
  • パターが上手い
  • 勝負強い

色々な要素が思い浮かぶだろう。しかし、ベスグロを獲得するために必要な条件が1つだけある。それは「飛距離」であると言えば驚くだろうか。

想像して欲しい。

200ヤードしか飛ばなくても・・・

  • 方向性が良ければ勝てるか?
  • ショートゲームが上手ければ勝てるか
  • パターが入れば勝てるか
  • 勝負強ければ勝てるか

答えは全て「否」。飛ばないゴルファーは永遠に「ベスグロ」を取れない。特に競技ゴルファーに対しては、真に疑うことなき真実だ。

逆に周りと比べて飛ばなくても、必要条件に見合う飛距離に達していれば、他の要素で優位に立つことで「ベスグロ」が取れる可能性がある。周りのベスグロの常連も例外なく飛ぶはずだ。

ただし今後、常にベスグロを取りたいのであれば、飛距離でアドバンテージが取れるようなゴルファーになりたい。「マン振り」で距離を稼げるようになれば、「ベスグロ」も手に届く距離となる。

ベスグロは「マン振り」で手に入れろ。
マン振りせよ。さらば道は開かれん。
これにて一件落着。

 

▼あわせて読みたい▼

「マン振り」が全てのゴルファーを救う|究極の悩み解決法【50選】

「マン振り」が全てのゴルファーを救う 学生時代は「体育会系ゴルフ部」に所属。 今では己の「ゴルフ道」を探求する日々を送っておる。 当時、身長168センチ・体重58キロの小柄な体格ゆえに、ドライバーは上 ...

続きを見る

心技体の「心」
OBが怖い ミスショットが怖い
イップスが怖い ゴルフが嫌い
勝負弱い メンタルが弱い
自信がない 才能がない
競技ゴルフが苦手 接待ゴルフが苦手
心技体の「技」
飛距離が出ない ヘッドスピードが遅い
ミート率が悪い 方向性が悪い
ストレートを打てない 球をコントロールできない
女子プロのように打てない 男子プロのように打てない
緊張する スイングが安定しない
ドライバーが苦手 アイアンが苦手
アプローチが苦手 パターが苦手
心技体の「体」
体が小さい 体が大きい
体が硬い 体が弱い
体が痛い 体が重い
力が強い 力が弱い
年が若い 年が若くない
ゴルフの「心得」
マナーを知らない ルールを知らない
プロアマを知らない クラブ選びが分からない
ファッションセンスがない モテない
ベスグロが取れない ドラコンが取れない
お金がない 時間がない
格好が悪い 頭が悪い
運動神経が悪い レッスンプロと合わない
ゴルフを知らない ゴルフが分からない

-マン振り
-

Copyright© ゴルフ攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.