マン振り

「OBが怖い」→「マン振り」

投稿日:2018年6月1日 更新日:

拙者、ゴルフ侍と申す。
諸君のゴルフの悩みを拙者が見事に断ち切ってみせよう。

「OBが怖い」と嘆く諸君、
「マン振り」をなされよ。

朝一番のティーショット、ベストスコア更新がかかった勝負どころ、あらゆる場面で恐怖は舞い降りる。恐怖は己の中に生まれる。そして恐怖で自分を見失う。結果、その場限りの一打はミスに終わる。

OBの恐怖は誰もが味わう感情である。2打罰というペナルティは、容赦なく心の奥底に突き刺さる。損得勘定では、「得の喜び」よりも「損の痛み」の方が重いようだ。

OBの恐怖を払拭することは困難だが、OBを怖がり過ぎることは問題だ。OBを過剰に意識しながら打っても、百害あって一利なし。OBに吸い込まれるのが落ちである。

OBの恐怖が頭をよぎった時は、
「マン振り」なり。

マン振りは自身ができる全力のスイングである。

心技体、どこかに緩みがあっては決して打てない技だ。一抹の恐怖など入り込む余地すらない。

ただし後先の結果を考えず、全力で打つことは誰でもできる。ゴルファーとしての高みを目指すのであれば、OBに打ち込むことは決してあってはならぬこと。マン振りしようとも必ず生き延びるのが熟練者である。そのために日頃からマン振りを極めるのみ。

ゴルフ道とは死ぬことと見つけたり。
マン振りせよ。さらば道は開かれん。
これにて一件落着。

 

▼あわせて読みたい▼

「マン振り」が全てのゴルファーを救う|究極の悩み解決法【50選】

「マン振り」が全てのゴルファーを救う 学生時代は「体育会系ゴルフ部」に所属。 今では己の「ゴルフ道」を探求する日々を送っておる。 当時、身長168センチ・体重58キロの小柄な体格ゆえに、ドライバーは上 ...

続きを見る

心技体の「心」
OBが怖い ミスショットが怖い
イップスが怖い ゴルフが嫌い
勝負弱い メンタルが弱い
自信がない 才能がない
競技ゴルフが苦手 接待ゴルフが苦手
心技体の「技」
飛距離が出ない ヘッドスピードが遅い
ミート率が悪い 方向性が悪い
ストレートを打てない 球をコントロールできない
女子プロのように打てない 男子プロのように打てない
緊張する スイングが安定しない
ドライバーが苦手 アイアンが苦手
アプローチが苦手 パターが苦手
心技体の「体」
体が小さい 体が大きい
体が硬い 体が弱い
体が痛い 体が重い
力が強い 力が弱い
年が若い 年が若くない
ゴルフの「心得」
マナーを知らない ルールを知らない
プロアマを知らない クラブ選びが分からない
ファッションセンスがない モテない
ベスグロが取れない ドラコンが取れない
お金がない 時間がない
格好が悪い 頭が悪い
運動神経が悪い レッスンプロと合わない
ゴルフを知らない ゴルフが分からない

-マン振り
-,

Copyright© ゴルフ攻略wiki , 2019 All Rights Reserved.